「360km/hの東海道新幹線」に乗る! 次世代車N700Sの「試運転647号 京都行」疾走

JR東海が次世代新幹線車両「N700S」を使って、東海道新幹線の米原~京都間で360km/hの「速度向上試験」を実施。300km/hからさらに加速し、360km/hを越えていくその試験列車へ乗車した記者が、車内の様子を伝えます。

営業列車の最高速度は285km/hだけど…

東海道新幹線の米原~京都間で「360km/h」を達成した「N700S」車内、運転席の様子(44秒)。

「360km/hで走る東海道新幹線」に2019年6月6日(木)、乗車しました。現在、営業中の新幹線で最高速度がもっとも高いのは東北新幹線の320km/hで、東海道新幹線は285km/hです。

 2020年7月上旬のデビューに向け、試運転を行っているJR東海の新型新幹線車両「N700S」。「360km/h新幹線」はその試験のひとつ(速度向上試験)として行われました。

Large 190626 n700s 01

拡大画像

360km/hに到達したN700S試験列車の車内(2019年6月6日、恵 知仁撮影)。

 最終列車が出発したのちの23時41分、N700Sによる「試運転647号 京都行」(8647A)は米原駅(滋賀県米原市)を発車しました。

 23時45分、試験列車は約300km/hに到達。そして23時47分、ATC(自動列車制御装置)による最高速度の指示が「300」から「365」になり、試験列車はさらなる加速を始めます。

【写真】N700S 360km/h走行の「時刻表」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. え?いまさら?
    なぜこんな昔のことをいまさらニュースとして配信するの?