50周年、60周年へ JAL成田~釜山線が40周年 韓国・釜山の金海国際空港でセレモニー

JALが成田~釜山線の就航40周年を記念して、韓国・釜山の金海国際空港でセレモニーを開催。搭乗客に記念品をプレゼントしました。

日本人の利用客は35%

 JAL(日本航空)が2019年7月2日(火)、成田~釜山線の就航40周年を記念して、韓国・釜山の金海(キメ)国際空港でセレモニーを開催しました。

Large 190702 jalpusan 01

拡大画像

釜山の金海国際空港で実施された、JAL成田~釜山線就航40周年記念セレモニー(2019年7月2日、伊藤真悟撮影)。

 成田~釜山線は1979(昭和54)年7月2日の開設。ダグラスDC-8-62型機で週3往復の運航が始められましたが、現在はボーイング737-800型機による毎日2往復の運航です(ほかにコードシェア便あり)。

 JALの栗原宏和韓国支店長によると、この路線の利用者は日本人が35%、外国人が65%とのこと。LCCとは異なり路線のネットワークが充実しているのが強みであるため、外国人は韓国人のほか、成田で乗り継ぐアメリカ人が多いそうです。またあわせて栗原支店長は、日本人の利用率を上げるために、釜山の魅力を日本できめ細かく発信していかねばならないと話しています。

 セレモニーは、釜山14時10分発の成田行きJL958便にあわせて実施。JALの阿部孝博オペレーション本部長は「40周年を新たなスタートとして、今後も韓国・釜山の地域社会と空港の発展のために、微力ながら全力を続けてまいりたい」と、韓国空港公社釜山地域本部のパク チョンハ運営団長は「日本航空の発展、そして就航50周年、60周年を迎えられることを祈ります」と話しました。

 JL958便の出発ゲートでは、JL958便の搭乗客に記念品(搭乗記念証、ボールペン、ハンドタオル)がプレゼントされています。

【了】

【写真】搭乗客にプレゼントされた記念品。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント