国内初!「リモコンで航空機けん引」実用化 佐賀空港で導入 ANA

リモコン式遠隔操作で、実際の運航便をけん引!

Large 190705 anaremocon 01

拡大画像

リモコン式遠隔操作で、実際の運航便をけん引!

 ANAグループが、2019年7月4日(木)から九州の佐賀空港で、日本の航空会社では初めて、実際の運航便を対象に、リモートコントローラーを用いた遠隔操作による航空機のけん引を開始しました。

 地上支援業務のシンプル化、スマート化の一環として、ANAグループは2018年10月から、mototok社(ドイツ)の機器「Spacer8600」を使って実証実験を実施。リモコン式遠隔操作だと広い視野を確保できるほか、航空機の車輪の向きなどを間近で確認できるため、より平易かつ安全に移動・けん引ができ、短時間で業務習熟が可能となることが確認できたといいます。

 ANAグループは、佐賀空港を先進技術の導入モデル空港と位置付けており、遠隔操作による航空機のけん引をはじめ様々な先進技術の導入を進めています。同空港での運用状況を踏まえて、オペレーション上の課題抽出を図り、今後、他空港への導入を進めていくとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント