「エアバスA330neo」投入のエアカラン JALと成田、関西~ヌメアでコードシェア

JALとニューカレドニアのエアカランがコードシェアを行います。日本~ニューカレドニア線はエアカランが運航。機種は同社最新のエアバスA330neoシリーズの長胴型、A330-900型機です。

12月16日から毎日運航

 JAL(日本航空)と南太平洋ニューカレドニアの航空会社エアカランは2019年9月12日(木)、コードシェア(共同運航)を12月3日(火)から開始すると発表しました。

Large 190912 sb 01
エアカランのA330neoのイメージ(画像:JAL)。

 コードシェアが実施されるのは成田、関西~ヌメア(ニューカレドニア)線。エアカランの運航で、機種はエアバスA330neoシリーズの長胴型にあたるA330-900型機です。「ビジネス・ハイビスカス」26席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー244席の3クラス編成で計291席を搭載します。対象便は以下のとおりです。

●火、水、金、土、日曜と12月16日(月)から2020年2月10日(月)まで毎日運航
・SB800便/JL5370便:ヌメア→成田
・SB801便/JL5371便:成田→ヌメア

●12月22日(日)、29日(日)、2020年1月4日(土)に運航
・SB802便/JL5372便:ヌメア→成田
・SB803便/JL5373便:成田→ヌメア

●月、木曜と12月15日(日)、21日(土)2020年1月5日(日)に運航
・SB880便/JL5374便:ヌメア→関西
・SB881便/JL5375便:関西→ヌメア

※ ※ ※

 エアカランは成田~ヌメア線で、8月10日(土)にA330neoシリーズを日本発着路線に初めて投入した航空会社です。9月9日(月)まで成田空港第1ターミナル出発ロビーではA330neoシリーズとニューカレドニアについて紹介するパネル展示を行っていました。

 なお、両社のコードシェアはJALが運航する国内線の羽田~伊丹、関西、新千歳、福岡線と成田~伊丹、中部、新千歳、福岡線でも実施されます。

【了】

【表】運航ダイヤにA330-900型を表す「A339」の文字!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190912 sb 02
  • Thumbnail 190912 sb 01

最新記事

コメント