阪神本線の魚崎~芦屋間上り線、30日から高架に 11か所の踏切が解消

青木駅と深江駅は、上りホームも高架に。

Large 191101 hnsnkoukaka 01
青木~魚崎間から神戸方面を望む(画像:阪神電鉄)。

 阪神電鉄は2019年11月1日(金)、魚崎~芦屋間の上り線(大阪梅田方面)約3.2kmを30日(土の)始発列車から高架線路に切り替えると発表しました。

 すでに高架を走る下り線とともに上り線も高架化され、神戸市内の11か所の踏切が除却されます。対象区間にある青木(おおぎ)駅と深江駅は、上りホームも高架化され、ホームに通じるエスカレーターやエレベーターが新設されます。

 阪神電鉄は1991(平成3)年度から、神戸市と都市計画事業である「阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業」を進めてきました。2005(平成17)年8月に魚崎駅と住吉駅の工事が完了し、2006(平成18)年11月に魚崎駅から芦屋市境までの区間に着工。2015(平成27)年12月に同区間の下り線を高架に切り替えました。

 なお、今回の上り線高架切り替え後は、残った上り線仮線路の撤去と駅部の残工事が進められるとともに、神戸市が側道などの整備工事に着手する予定です。

【了】

【図】高架化工事の概要

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント