JACの「サーブ 340B」 27年の歴史にフィナーレ 2019年12月中に退役へ JALグループ

JALグループで鹿児島空港を拠点とする地域航空会社JACのターボプロップ機「サーブ340B」が27年の歴史にフィナーレを迎えます。後継機種のATR-42型機が納入のタイミングでラストフライトの見込みです。

チャーターツアー後、後継機の納入のタイミングで

 JAL(日本航空)グループで、鹿児島空港を拠点とする地域航空会社JAC(日本エアコミューター)が2019年11月22日(金)、スウェーデン製ターボプロップ機「SAAB(サーブ)340B」型機を、12月をめどに退役させると発表しました。

Large 191122 jac 01
JAC「サーブ 340B型機」のイメージ(画像:JAC)。

 JACのサーブ 340B型機は、1992(平成4)年10月にデビュー。現在のJALグループ保有機材では、最も小さな飛行機といい、席数も最少の36席。鋭角のノーズと、ピンと跳ね上がった尾翼が特徴といいます。西日本や離島路線を中心に、27年間フライトしました。

 12月中には、後継機種のATR-42型機が納入される予定で、この導入のタイミングで退役となる見込みです。ラストフライトは追って発表するとしています。

 またJACは、JALグループの「ジャルパック」と共同で、11月30日(土)、12月1日(日)にかけ、鹿児島空港~徳之島空港のチャーターフライトなどを行う「JAC SAAB340B 退役チャーターツアー」を開催予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

コメント