東海道新幹線の座席 3人に2人が「山側」選択 理由は富士山以外にもさまざま

東海道新幹線の車窓と座席に関するアンケートを実施。その結果、3人に1人が「海側(A席)」、3人に2人が「山側(D・E席)」を選びました。その理由は、車窓の「海」「富士山」以外にもさまざまな理由がありました。

「海側」は3人に1人

「乗りものニュース」では2019年11月22日(金)から25日(月)にかけて、東海道新幹線の車窓と座席に関するアンケートを実施。630人から回答が集まりました。

Large 191122 qtoukaidouae 01
東海道新幹線(恵 知仁撮影)。

「東海道新幹線の座席、車窓で選ぶなら海側(A席)と山側(D・E席)のどちらですか」との質問では、「海側(A席)」の33.2%(209人)に対し、「山側(D・E席)」は66.8%(421人)でした。

「海側(A席)」を選ぶ理由は「海が見えるから」が70.3%で、このほかの自由回答ではおもに次の理由が挙げられました。

・(進行方向左側)窓際が好きだから(50~54歳、男性)
・海側は午前に乗る機会が多いので眩しい(45~49歳、男性)
・A席からでも富士山が見える!!(40~44歳、男性)

【写真】海側の席から見た富士山

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191122 qtoukaidouae 01
  • Thumbnail 191122 qtoukaidouae 02  1

最新記事

コメント