諸元表「JR東海HC85系試験走行車」

JR東海が、特急「ひだ」「南紀」として使用していたキハ85系気動車から、新しいハイブリッド方式の「85系」を目指し、HC85系の試験走行車を新製しました。おもな諸元を紹介します。

ハイブリッド方式の鉄道車両として、国内最高速度へ挑戦

 JR東海が、特急「ひだ」「南紀」で30年以上にわたって使用してきたキハ85系気動車から、新しいハイブリッド方式の「85系」を目指し、HC85系の試験走行車を新製しました。

Large 191212 hc85 syogen01

拡大画像

キハ85系気動車(右)と並ぶHC85系試験走行車(2019年12月12日、恵 知仁撮影)。

 HC85系は、ハイブリッド方式の鉄道車両として国内初の最高速度120km/hでの営業運転を目指し、小型化・高効率化を目指した新型ハイブリッドシステムを搭載。ハイブリッド方式の旅客鉄道車両では国内最大容量の主蓄電池を搭載し、高効率の永久磁石同期発電機(PMSG)と永久磁石同期電動機(PMSM)を同時導入するのは国内初です。

 さらに一体成型により重要溶接部を削減した新型台車枠や、振動検知装置、車両・地上間のデータ通信等を導入し、さらなる安全性の向上等を図っています。

主要諸元表(JR東海HC85系試験走行車)

■車種形式・車種記号(略号)
クモハ85-0 Mc1
モハ84-0 M1
モハ84-100 M2
クモロ85-0 Msc

■定員
クモハ85-0 56人
モハ84-0 50人
モハ84-100 68人
クモロ85-0 36人

■空車重量
クモハ85-0 41.6t
モハ84-0 39.2t
モハ84-100 38.8t
クモロ85-0 42.3t

■最高速度
120km/h

■起動加速度
2.1km/h/s

■減速度
4.3km/h/s(常用最大・非常)

■車体寸法
車体長:21,300mm
車体幅:2,918mm
屋根高さ:3,750mm(Mc1、Msc)、3,640mm(M1、M2)
床面高さ:1,230mm(Mc1、M1、M2)、1,232mm(Msc)

残り424文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」