飛行機には「冬タイヤ」ありません なぜ大丈夫なの? むしろ厄介なのは翼の氷

空港除雪体制も充実 実は飛行機の大敵着氷 どう対策?

 加えて空港の除雪体制が整っているのも、タイヤを変えずに済む理由です。

 豪雪地帯にある空港では、設備の雪対策も充実しています。たとえば新千歳空港は、数種類の除雪車があわせて80台以上あり、24時間体制で滑走路、誘導路、駐機場などを除雪しているそうです。これらの車両は原則、スタッドレスのタイヤを履いています。

 なお滑走路はたとえ除雪が完了していても、路面の摩擦係数が所定の基準を満たさない場合や、横風が強い場合などは、離着陸することができません。

Large 191129 runway 02
フライト前の機体に防徐雪氷液を散布している様子(画像:関東化学工業)。

 ちなみに、冬の飛行機にとってタイヤの横滑りより厄介で危険なのが、翼についた氷によって翼の形状が変わってしまい、離陸に十分な揚力を得られないことです。これを避けるため、フライト直前の飛行機は、翼についた雪を除き新たな着氷を防ぐ防徐雪氷液が散布されます。直前に行われるのは、防徐雪氷液の効果があるうちに上空に出るためです。

 飛行機用防徐雪氷液「キルフロスト」を、稚内空港(北海道)など国内半数以上の空港に提供している関東化学工業によると、製品による差はあるものの、防徐雪氷液の効果が持続する時間は、もっとも厳しい条件(マイナス25度以下、雪のコンディションが水っぽい場合)で30分から40分、緩い条件(マイナス3度以上、雪が硬い場合)で2時間から2時間半だそうです。

【了】

【写真】「ジャンボ」と737 各タイヤの「縦の溝」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 不時着じゃ意味ないしね