JALグループ新国際線LCC「ジップエア」機内初公開 LCCでもフルフラット席あり B787-8

JALが新展開する国際線中長距離LCCのジップエアが機内の様子を披露しました。フルフラット可能な上位クラスと、LCCとしては前後間隔が広い普通席を配している一方、LCCらしさや日本らしさも備わっています。

LCCなのに前後間隔はフルサービスキャリアレベル

 JAL(日本航空)が新たに展開していく国際線の中長距離LCC(格安航空会社)である「ジップエア(ZIPAIR Tokyo)」。2020年5月の運航開始を前に、その機内の内装や座席仕様が2019年12月18日(水)、成田空港内のJAL格納庫で報道陣に公開されました。

 機内が公開されたのは、ジップエアの初号機にあたるボーイング787-8型機。もともとJALで2012(平成24)年から使われていたものです。

Large 191218 zip 01

拡大画像

ジップエアのボーイング787-8型機(2019年12月18日、乗りものニュース編集部撮影)。

 座席数は290席で2クラス制、上位クラスの「ジップ フルフラット(ZIP FULL-flat)」が横1-2-1列で18席、普通席のスタンダードシートが、横3-3-3列で272席を配します。全席にUSBポートと電源コンセントが設置されています。

「ジップ フルフラット」の前後間隔は107cm、座席幅は51cmです。180度のリクライニング機能を採用し、横になることが可能です。中央2列のあいだには、可動式の仕切り板も設置されています。

 スタンダードシートの前後間隔は、JALやANA(全日空)など多くの「フルサービスキャリア」とほぼ同様の79cmで、座席幅は43cmです。背もたれを倒すと座面も少し前方にスライドするため、もし前席の人が座席を倒しても圧迫感を感じづらくなっています。タブレットホルダーも設置され、設置の見込みが高いという機内Wi-Fiと組み合わせて使用できるようデザインされているそうです。

 一方で、ところどころにLCCらしさもあります。また「和製国際線LCC」ならではの工夫も見られました。

ジップエア「B787-8」機内外を写真でチェック!

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント