「窓際族ぬか喜び」 飛行機の「窓なし席」なぜあるのか? 回避する方法は

多くの旅客機の座席には、窓際なのに窓がない席があります。これらの席がなぜ発生するのかJALに聞きました。同じ会社の同じ機種でもあったりなかったりする窓なし席ですが、回避するには、どうしたらいいのでしょうか。

翼の上や胴体中央部に多い窓なし席

 航空会社で就航する多くの飛行機の座席には、「窓際なのに窓がない」席があります。たとえばJAL(日本航空)国内線主力機種のひとつ、ボーイング777-200型機(国内線用)の場合、15列目、25列目、45列目の3列に窓がなく、それらの窓際席は壁になっています。

 なぜこのような席が生じるのでしょうか。JALに聞いたところ「エアコンの配管を通しているためです」と話します。

Large 191220 window 01

拡大画像

JALのボーイング777-200型機。主翼上付近に窓がない箇所がある(2019年12月、乗りものニュース編集部撮影)。

 現代のジェット旅客機が飛んでいる高度1万mでは、外の気温が摂氏マイナス50度にもなります。対しエアコンが効いている機内の室温は摂氏25度前後で、旅客はおおむね地上との違和感なく過ごすことが可能です。

 多くの機種において機内の空気は、エンジンに取り込まれた高圧空気の一部を空調したもので、そののち客室の天井に一旦送られてから機内に流されます。おもにこの空調配管が通っているのが、窓なし席の壁の中だそうです。

 なお空調処理を行う中枢部分(空調パック)は、主翼の付け根にあるのが一般的です。配管はこの主翼付近に設置されていることが多いので、窓なし席は翼の上や胴体中央部に多いというわけです。

JAL国内線B777、国際線B777、新型機A350の各窓なし席

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント