クルマの運転「一般道」より「高速道路」好き多数 その理由を聞いた 一般道派の意見は

一般道と高速道路、どちらの運転が好きかについてアンケートを実施。一般道4割と高速道路6割に分かれました。高速道路の運転で苦手に思う状況については、合流や分岐、単調な走行など高速道路ならではの理由が挙がってします。

「一般道」の運転が好きな理由は?

「乗りものニュース」では2020年1月1日(水・祝)から2日(木)にかけて、一般道と高速道路の運転に関するアンケートを実施。923人から回答が集まりました。

Large 200101 qdrive 01

拡大画像

首都高速と並行している一般道の東京都道(2019年6月、乗りものニュース編集部撮影)。

「クルマを運転する際、一般道と高速道路のどちらの運転が好きですか?」との質問では、「一般道」が37.2%(343人)、「高速道路」が62.8%(580人)でした。なお「高速道路」は、首都高などの都市高速道路や、暫定2車線(片側1車線の対面通行)区間を除く、片側2車線以上を有する名神高速や中央道などの一般的な高速道路を指す、としています。

「一般道」と答えた人にその理由を聞くと(複数回答)、「峠や海沿いなどいろいろな道がある」が最も多く65.0%で、続いて「風景を楽しみやすい」64.1%、「経路の選択肢が多い」60.9%、「寄り道しやすい」59.5%、「高速道路での運転が苦手」11.4%でした。「その他」6.1%では次のような理由が寄せられました。

・新店舗や閉店、街の移り変わりを感じたい(55~59歳、男性)
・経済的(40~44歳、男性)
・信号待ちで一息つける(50~54歳、女性)
・自分のペースで運転ができる(55~59歳、男性)
・高速は重大事故になりやすいので怖い(25~29歳、男性)
・常に歩行者など周囲に気を配り、眠くなりにくい(35~39歳、男性)

【写真】「あっ!」と書かれた車道

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント