「国道1号が想像以上に槍」 道路の青い案内標識が「どう見ても槍を持った人」に見える

「どう見ても槍を持った人にしか見えない」という青い道路案内標識が話題になっています。静岡県富士市内にあるこの標識、国道1号がまるで「槍」のようです。

「想像以上に槍だった」「槍投げの助走に見える」

 青い道路案内標識に描かれた道路が、槍(やり)を持っている人に見える――。車で駆け回る旅人さん(@japanexpwy)がTwitterに投稿した写真が話題になっています(2日間で7万いいね)。

Large 200226 aoyari 01

拡大画像

「どう見ても槍を持った人にしか見えない」という道路の標識(画像:車で駆け回る旅人〈@japanexpwy〉)。

 静岡県富士市内に設置されているというその道路案内標識について、車で駆け回る旅人さんは「どう見ても槍を持った人にしか見えない」と投稿。新幹線0系のアイコンが付いた新富士駅の矢印が頭、富士宮の矢印が足で、左右に走る国道1号が槍に見えるという具合です。

 投稿に対して「想像以上に槍だった」「ホントだ!そう見える!」「槍投げの助走に見える」といった感想が集まっています。

 車で駆け回る旅人さんによると、ドライブ中に偶然見つけて助手席から撮影したとのこと。「よく見ると人が槍を持ったように見え、素晴らしいと思った」そうです。

【了】

「槍を持った人」の道路案内看板がある場所

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント