JALとANA 国内線も新型コロナウイルスの影響で一部減便へ 需要減退受け

JALとANAの国内線にも影響が出てきました。

 JAL(日本航空)とANA(全日空)は2020年3月4日(水)、新型コロナウイルスの影響にともなう航空需要の減少などにより、国内線の一部路線で減便すると発表しました。新型コロナウイルスに関連し、両社は国際線ですでに一部減便や運休を実施していますが、国内線減便は今回が初です。

Large 200304 jalana 01

拡大画像

ANAとJALの飛行機(2016年3月、恵 知仁撮影)。

 両社とも羽田~札幌(新千歳)線、羽田~伊丹線、羽田~福岡線などの路線で、3月6日(金)から12日(木)までの減便について発表。たとえば羽田~札幌(新千歳)線は、JALでは1日16往復から12往復、ANAでは1日17往復から12往復へなるなどします(日によって変化あり)。

 航空券のキャンセルについては、両社とも無手数料の特別対応を行っています。

【表】JAL・ANA国内線の減便一覧

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント