「自宅へ納車」の慣例変わる? 自動車業界の「納車引き取り」問題 苦しい現場

自動車販売店のスタッフが顧客宅まで新車を届けたり、車検対象車を引き取りに行ったりする「納引き」を改めるべく、顧客自身へその協力をうながす動きが広がっています。販売促進上の慣例ですが、店側の負担が大きいといいます。

自動車業界の慣例「納引き」 人手不足で重荷に

 石川県の自動車販売店協会が一般向けに、「納車・引取り等についてのご協力のお願い」と題したポスターを作成し、2020年4月現在、加盟する販売店などに順次掲示しています。

 これは、販売店のスタッフが顧客の自宅まで新車を届けたり、車検対象車を引き取りに行ったりする、いわゆる「納引き」について、スタッフの負担が大きいことから、店頭での納車やクルマの持ち込みに協力してほしいという内容です。

Large 200409 nobiki 01
自宅などへの納車・引き取りサービスが自動車業界の負担になっている。写真はイメージ(画像:bacho12345/123RF)。

 自動車業界において、納引きはある種の慣例となっており、石川県自動車販売協会がこのような呼びかけを出すのは初めてだといいますが、近年、全国的に見直す動きが広がっているそうです。「新車については店頭での引き渡しが浸透してきたものの、問題は点検整備の現場です」とのこと。単純に考えても、クルマを顧客の元へ引き取りに行くだけで2名が必要になる一方、整備業界は構造的な人手不足で、負担が大きくなっているといいます。

「『クルマを整備に持ち込む時間がない』『帰りの足がない』など、お客様にも様々なご事情があるでしょう。ただ、納引きの料金を別途設定したとしても、納引きで失われる『技術』は代替できません。そのぶんの時間を整備に充てる必要があります」(石川県自動車販売協会)

 昔からの慣例を変えるのは容易ではなく、販売店は弱い立場にあるといい、まずは納引きが当たり前という意識を変えるために呼びかけたとのこと。全国では、納引きをやめたことでスタッフの残業時間が激減した例もあるそうです。

【画像】名物? メルセデス・ベンツ販売店の「立ち食いそば」

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. 自宅納車料金を設定していただくか、取りに行ったらいくらか割引にしていただけると良いと思います。(新車購入時はともかく、車検は定期点検の際にはお金を払ってでも自宅納車していただきたいですが…)

  2. クルマ関係のお店って、電車はおろかバスの便すら悪い所も多いので、タクシー代を負担しないと難しいのでは?

  3. クルマ関係のお店って、電車はおろかバスの便も悪い所が多いので、タクシー代を負担しないと難しいのでは?

  4. 一人暮らしだから一人で車屋まで取りに行けませんけど。
    友達に頼んで連れて行ってもらうことはできるけど、都合よく頼めるとは限らないよね。
    車屋がうちまで迎えに来て貰うしかないと思います。
    ってかそもそも車ってそんなに頻繁に売れる?
    納車する時に二人用意すればいいだけでしょ?そんなの一人社員、一人非正規雇用で十分でしょ。
    その程度も人材も集められないの?
    そういうところで非正規雇用なんて!って騒ぐなら、正社員を二人用意できない時点で車業界も死んでるな。

  5. 長いことクルマ乗ってるけど、ほぼ店頭で納車/整備依頼。移動手段はクルマ(あまり使わないけど、代車含む)・チャリ・バス・徒歩。一度オルタネーター壊れてエンジン掛からなくなった時には、30分くらいクルマ押して持ち込んだことも。(これも徒歩か? まわりにも迷惑だし危ないからもうやらないでと言われた。)

    来てもらった事も三度ほどあったが、納車/引取りと自車/代車の交換と自走不可時のキャリアカーでの引取りで、一人で来られる形のみ。二人で来てくれなんて、恐れ多くて言えない。(正直、一人でも申し訳ない。) みんなわがままなんじゃない?