「ゴールド免許」運転しない人ほど割合高く…免許の色とクルマの運転頻度を聞いた

運転免許証の色に関するアンケートを実施。免許のゴールド(優良)、ブルー、グリーンの色とクルマの運転頻度の関係、違反などで「ゴールド免許」が「ブルー免許」になった経験の有無を聞きました。

運転免許証の色「ゴールド」「ブルー」「グリーン」のどれ?

「乗りものニュース」では2020年5月20日(水)から22日(金)にかけて、運転免許証の色に関するアンケートを実施。クルマを運転する人を対象とし、1337人から回答が集まりました。

Large 200521 qlicensecolor 01
運転免許証のイメージ(画像:写真AC)。

「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)フォロワーなどで、かつクルマを運転する人を対象に行った今回のアンケートでは、運転免許証の色は、「グリーン」2.2%、「ブルー」26.2%、「ゴールド(優良)」71.7%でした。

「クルマを運転する頻度は次のどれですか? この1年程度をもとに選択してください」の質問は、次のような結果になりました。

・ほぼ毎日:48.9%
・週に1~2回程度:27.2%
・月に1~2回程度:8.1%
・年に数回程度:6.8%
・運転していない:7.7%
・その他:1.3%

「その他」は、「多い時にはひと月の間に連日、乗らない時には1~2か月乗らなかったりとバラバラ」(45~49歳、男性)、「車は年に数回程度だが、原付バイクは週に2回程度乗る」(60~64歳、男性)などの回答が寄せられています。

【結果グラフ】運転頻度別にみる免許証の色の割合

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 分かりにくい総重量刻みの免許の区分け、免許証の有無に有効、せっかく車検証と言う公文書があるのに何で免許と相互に情報を交換しないのかね?
    鍵さえあれば誰でも車を始動できてしまう現実、免許に運転歴を記録させればいいだろうに、馬鹿みたいな免許歴だけで優良とか実にバカげてるね。
    免許を返納した人が返納したことを忘れて運転してしまったり、もう免許証を車の鍵にするしかないだろに、ブレーキとアクセルの踏み間違いは何の疑いも無く後付け防止装置にひた走ってるのは自動車業界の顔色伺いなのか?

  2. 乗っていない人の免許の色は、単に乗っていない年(期間)を示しているだけなので、比較してはダメでしょう。
    それよりも、ほぼ毎日でも、週一日二日でもゴールドの比率がほぼ変わらないことの方が意味あります。無事故無違反は「運転慣れ」とは無関係と言うことです。

  3. 「ペーパー=ゴールド」は違うような。。。別の色を用意した方が妥当なような。

  4. 正直、免許証の色は当てにならない。
    ゴールド免許所してて、定期的に運転しているような人でも、交通ルールを守ってない人結構いる。
    あくまで「5年間無事故・無違反」なだけであって、運転マナーや技量を指すものではない。

    運転する人の人格もだが、取得難易度の低さと免許更新の簡易さも、それを助長していると思う。
    悪質運転の厳罰化も大事だが、その前段階にも力を入れるべきだろう。