東武の新着席列車「THライナー」出発進行 変わる伊勢崎線と日比谷線の関係 ポイントは

東武鉄道の新しい座席指定制列車「THライナー」が運転を開始。伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の久喜駅と、東京メトロ日比谷線の霞ケ関駅、恵比寿駅を結びます。停車駅や料金、ダイヤ、設備はどうなっているのでしょうか。

東武線春日部・久喜方面と日比谷線銀座・霞ケ関方面を直通「THライナー」

 東武鉄道の新しい座席指定制列車「THライナー」が2020年6月6日(土)、運転を開始しました。東武スカイツリーライン(伊勢崎線)と、東京メトロ日比谷線を直通。郊外の久喜駅(埼玉県久喜市)と、都心の霞ケ関駅、恵比寿駅を結びます。

 これまで、東武線と日比谷線の直通列車は各駅停車タイプのみだったため、その移動は比較的時間を要していました。東武線内で急行列車を使うなどすれば所要時間を短縮できますが、北千住駅での乗り換えが必要です。

 そうしたなか登場した、速達かつ着席タイプの東武線・日比谷線直通列車で、東武鉄道は「着席通勤やお子様連れでの利用など、多様なニーズに応える快適な輸送を実現」するといいます(このため新たに東武伊勢崎線の西新井駅付近で、急行線と緩行線の渡り線も設けられた)。

Large 200606 th01 01

拡大画像

「THライナー4号」発車にあわせ久喜駅で行われたセレモニー(2020年6月6日、恵知仁撮影)。

 車両には、窓を背にしたロングシートと、2人掛けで前を向くクロスシートで座席を転換できる、東武70090型電車を使用。各座席にコンセントを備えるほか、フリーWi-Fiも用意されています。

 また7両編成の全車両にフリースペースがあり、子ども連れやベビーカー利用者などはその近くの席を、チケットレスサービスの座席マップなどから予約することで、周囲に気兼ねなく快適に都心へ向かえるとのこと。

【写真】赤い座席! 東武の新座席指定列車「THライナー」車内

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント