2020年F1日本グランプリ中止決定 新型コロナ影響で 鈴鹿サーキット/モビリティランド

2020年のF1日本グランプリ、中止になりました。

 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランド(三重県鈴鹿市)は2020年6月12日(金)、同年10月9日(金)から11日(日)の日程で予定していた「F1日本グランプリ(2020 FIA F1世界選手権シリーズ ピレリ 日本グランプリレース)」について、開催中止を発表しました。

 新型コロナウイルスの影響により、現段階で海外からの渡航に関する規制解除の見通しが立っていないこと、および国際的に大規模な移動をともなうイベントの特性を鑑みての決定とのことです。

Large 200612 f1 01

拡大画像

2019年のF1日本グランプリより(画像:ホンダ)。

 モビリティランドの田中 薫社長は「F1日本グランプリについて、開催を目指して準備を進めておりましたが、国内外における今後の状況変化や、渡航規制の解除が見通せない状況のなか、安心・安全な環境で開催するための準備期間も考慮し、やむなく中止の判断をいたしました。2021年の日本グランプリをより一層お楽しみいただけるよう、準備を進めてまいります」とし、「ご来場を楽しみにされていたファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、ご理解くださいますようお願いいたします」と述べています。

【了】

【写真】レッドブル・ホンダの2020年シーズン用マシン

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント