テンテンテンテテ~ン♪と同時変化 最新新幹線「N700S」天井周辺も注目 実際に乗って

JR東海の新型新幹線車両「N700S」。一見すると従来のN700系に似ていますが、天井まわりにもさまざまな進化が見られます。「明るくなる荷棚」は、明らかに分かるレベル。大きくなって情報量が増えた液晶ディスプレイも印象的です。

新型新幹線「N700S」 視覚的に広く感じられる天井の工夫

 東海道・山陽新幹線で17年ぶりとなるフルモデルチェンジ車両「N700S」。見た目こそ従来のN700系(N700A)と似ていますが、全席コンセントなど、さまざまな進化があります。

 そのひとつが「天井まわり」。実際にそれを見て、「スッキリしたなぁ」という印象を受けました。

 新型のN700Sでは、従来のN700系だと客室天井の中央部分にあった照明を間接照明化したうえ、スピーカーも天井から客室前後にある仕切り壁の上側へ移動。視覚的に車内空間が広く感じられるようにされました。LEDの間接照明で大型の曲面天井パネルを照らすことで、客室全体に暖かみのある光が均一に降り注ぎ、落ち着きのある雰囲気のなかで過ごせるといいます。

Large 200617 n700s 01

拡大画像

N700S普通車の車内。黒い部分は防犯カメラ(2020年6月13日、恵 知仁撮影)。

 またその白い天井をよく見ると、小さな黒い窓状の部分がいくつかあります。増設された防犯カメラです。その画像は、車内で非常停止ボタンや、非常用の客室通話装置を扱った際、運転台への通知に加え、指令所へも自動で転送。より迅速な対応を可能にしているそうです。

 防犯カメラは天井の、切れ目のようにデザインされた部分へ斜めに設置されており、あまり目立たないのも印象的でした。

テーマ特集「新型新幹線「N700S」ついにデビュー! その乗り心地やいかに? 確実に乗る方法は?」へ

【写真】けっこう違う! N700S新機能「停車駅接近で明るくなる荷棚」ビフォーアフター

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント