テンテンテンテテ~ン♪と同時変化 最新新幹線「N700S」天井周辺も注目 実際に乗って

停車駅が接近 変化が容易に分かるN700S 情報量もアップ

 そしてN700Sの天井でポイントなのが、停車駅直前に明るくなることです。「テンテンテンテテ~ン♪」のチャイムがなり、停車駅の接近を知らせる車内放送が入る頃、調光機能により荷棚が照らされます。意識して見ていれば、容易に分かるレベルで明るさが変わります。

 乗客の意識を荷棚へ向けてもらうことで、手荷物の置き忘れを防ぐのが狙い。またN700Sの荷棚は、従来の車両より拡大されているそうです。

 ちなみにN700S量産車の荷棚は、廃車になった700系新幹線、N700系新幹線のアルミ合金車体を再利用し、つくられています。新幹線から新幹線への「アルミ水平リサイクル」は、これが初めてとのこと。

Large 200617 n700s 02

拡大画像

大きくなったN700S車内の液晶ディスプレイ(2020年6月13日、恵 知仁撮影)。

 さてN700Sの天井まわりでは、客室前後の上部にある列車案内表示も、実際に目にすると印象に残るのではないでしょうか。サイズが従来のLED式電光掲示板から50%拡大された液晶ディスプレイで、くっきり、滑らか、鮮やかに情報を表示。列車の走行位置表示や、停車駅での乗り換え路線案内も行われます。

 新型新幹線「N700S」は2020年7月1日(水)、営業運転を開始する予定です。

【了】

テーマ特集「新型新幹線「N700S」ついにデビュー! その乗り心地やいかに? 確実に乗る方法は?」へ

【写真】けっこう違う! N700S新機能「停車駅接近で明るくなる荷棚」ビフォーアフター

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 了様、恵様ありがとうございます。今後たくさん増えそうですね。了様も恵様も出張やプライベートなどで乗る機会が増えると思います。