ANA使用の羽田空港第2ターミナル 新型コロナで封印されし「国内線南エリア」再始動!

「計画通り」ではないですが、ANA国内線の便数も回復しつつあります。

4月17日に閉鎖された「国内線南エリア」

 ANA(全日空)が2020年7月1日(水)、同社などが拠点とする羽田空港第2ターミナルで、一時休止していた国内線南側エリアの一部を、再度オープンすると発表しました。

Large 200701 t2 01
羽田空港第2ターミナル南側カウンター再オープン時、横断幕をもつANAのスタッフ(画像:ANA)。

 新型コロナ感染拡大にともなう需要減退の影響をうけ、ANA国内線は運航規模を縮小中。たとえば6月は、計画比約30%の運航にとどまっています。しかし緊急事態宣言が解除され、国内線需要が上向いていることもあり、ANA国内線は7月より、計画比約50%まで運航規模を回復させる見込みとしています。

 羽田空港の第2ターミナル南側カウンターが閉鎖されたのは4月17日で、このエリアが再開されるのはおよそ2カ月半ぶりです。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント