空港では世界初! 羽田空港の長~い徒歩移動に強い味方「全自動車いす」JALが導入

JALの国内線が多数乗り入れる羽田空港の第1ターミナルで、空港内施設としては世界初という自動運転車いすを使ったサービスが始まります。羽田が選ばれたのは、そのターミナルの造りからとJALの担当者は話します。

衝突防止機能も装備 降りた後も自分で戻る車いす

 JAL(日本航空)と、羽田空港の国内施設をおもに運営する日本空港ビルデング、近距離用の移動サービスを提供するWHILL(横浜市)が2020年7月1日(水)、羽田空港の第1ターミナルで、自動運転車いすを活用したサービスを開始しました。

 空港での自動運転のパーソナルモビリティ(ひとり乗りの移送手段)の実用化は、世界初といいます。

Large 200701 isu 01

拡大画像

羽田空港第1ターミナルに登場した「自動運転車いす」(2020年7月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 このサービスは、同ターミナルの南端に位置する3、4、5A、5B、6、7番搭乗口から乗り込む利用者すべてが対象です。利用したい場合は保安検査場B通過後に設けられた待機場所から乗り込み、タッチパネルで任意のゲートを選ぶだけ。車いすは指定されたゲートを目指して自動で走り出します。用意された車いすは3台です。

 搭乗口に到着した車いすは、その後一定時間(デモ走行では60秒)を経過すると自動運転で戻っていくよう設定。また、安全面も考慮し、ステレオカメラの画像情報から他の利用者と衝突する可能性があるときなどは自動停止する機能もあります。

【写真】変わる羽田空港T1 進化はまだまだ…

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ある住宅評論家が「これからの都市計画技術者はその作品がウォーカブルであるか否かによって評価が変わってくる」と言っていました。
    残念ながら羽田空港内部はきっと、歩くのが嫌になってくる、タイプの設計なのでしょう。