国鉄テーマに2000点以上展示 岡山の総社駅前に鉄道ギャラリー「総社CROSS POINT」誕生

鉄道模型のジオラマや制作スペースも!

Large 200713 soujya 01
鉄道ギャラリー「総社CROSS POINT」がオープン(画像:縁社屋)。

 2020年7月23日(木・祝)、JR総社駅(岡山県総社市)の駅前に、国鉄をテーマにした鉄道ギャラリー「総社CROSS POINT」がオープンします。

 総社市でまちづくりに携わる4人が、同市を中心に遊休不動産の利活用を通じて地域の活性化を目指すため、合同会社縁社屋を設立。そのプロジェクト第1弾として、明治から昭和にかけての機関車のパネル写真や鉄道の看板、制服、きっぷ、雑誌、資料など2000点以上を展示する鉄道ギャラリーが今回、誕生します。

 グッズ展示とともに、世代を越えた交流を生むために、鉄道模型を走らせることのできるジオラマや模型制作ができるワークショップスペースなども設置される予定です。

 プロジェクトでは、クラウドファンディングにより85人から目標100万円を上回る111万円の支援金が集まりました。岡山県は国鉄時代の車両が現在も多く走っている地域であることから、縁社屋は「その国鉄時代の古物や資料等を2000点以上展示することで、国鉄車両に支えられた人、国鉄車両を支えた人たちの歴史を次世代につなげていきたい」としています。

【了】

【写真】設置準備中! 鉄道模型制作スペース

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント