岡山の路面電車 岡山駅前広場に乗り入れへ 線路延伸で乗り換え便利に

駅に向けて線路が0.1km延びます。

Large 200311 okymsta 01
岡山電気軌道の延伸計画概要(画像:国土交通省)。

 国土交通省は2020年3月11日(水)、岡山電気軌道が申請していた岡山駅前広場乗り入れの軌道事業について、13日(金)付で特許すると発表しました。

 岡山駅東口は、バスやタクシー、一般車が駅前広場に乗り入れている一方、路面電車の岡山駅前停留場は道路1本を挟んだ離れた場所にあります。このため乗り換えが分かりにくかったり、時間を要したりと利便性が低い状況です。

 申請は、岡山駅前停留場から駅前広場まで線路を0.1km延ばすというもので、これにより乗り換え時間が約1分30秒から3分ほど短縮され、さらに道路横断がなくなることから、利便性や安全性が向上します。

 総事業費はおよそ16.2億円(駅前広場整備除く)。工事着手は2020年度、開業は2023年度の予定です。

【了】

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 地図と見比べたのだけど、新設停留場の位置に現在ある桃太郎像はもしかして移転してしまうのだろうか