小田急ロマンスカー終着「新竜宮城駅」完成 強力ゆらゆらクラゲ(本物)改札の癒やし

新竜宮城駅はハンパない癒やし力 「改札口出る前に立ち寄ってしまう人」続出か?

 新しい片瀬江ノ島駅の駅舎は、窓に(乙姫様ではなく)天女がいたり、屋根に金のイルカがいたりする「遊び心」が特徴なほか、小田急電鉄の星野晃司社長は「最大の目玉は水槽です。駅の壁面の水槽は大変珍しいもので、訪れた方々の良い思い出になるのでは」と話します。

Large 200730 enoshima 02

拡大画像

小田急の片瀬江ノ島駅改札横に設置されたクラゲの水槽(2020年7月30日、恵 知仁撮影)。

 駅舎の完成と同じ7月30日(木)、この新しい片瀬江ノ島駅には、近隣の新江ノ島水族館の協力で、クラゲの水槽が改札駅のすぐ脇に設置され、訪問者を出迎えるようになりました。40匹のミズクラゲがゆらゆら漂っており、同館の堀 一久社長は「住民の癒やしにもなれば」と話します。

 なお片瀬江ノ島駅までは、小田急の特急ロマンスカー「えのしま号」で、新宿から約1時間です。

【了】

【写真】竜宮城駅改札口で訪問者を出迎える「ゆらゆらクラゲ×40」(本物)

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント