コロナ禍中の登場 どう伝えれば… 新型新幹線N700S 軌道修正くり返したCM誕生の背景

JR東海が13年ぶりに送り出した新型新幹線「N700S」。そのテレビCMに好評の声が集まっていますが、コロナ禍中でのデビューになり、日々変化する状況のなか、内容や表現をどうするか、軌道修正がくり返されたそうです。

最初、社会はコロナではなくオリンピックだった

 JR東海13年ぶりとなる新幹線のフルモデルチェンジ車両「N700S」が、2020年7月1日(水)にデビューしました。

 それを伝えるテレビCMは、YouTubeでの再生回数が7月末の時点で1000万回以上。JR東海によると、視聴者から「新幹線に乗りたくなった」「興奮した」といった声のほか、このCMソングに曲(「Don't Stop Me Now」)が使われているイギリスのロックバンド「Queen」のファンからも、「曲の高揚感と疾走感がマッチしている」といった声が届いているそうです。8月1日(土)からは、第2弾のテレビCMも放映され始めています。

 しかし、コロナ禍の最中におけるデビューになってしまったN700S。積極的に新幹線への乗車を宣伝することが難しいなか、13年ぶりという新型車両のデビューを、鉄道会社としてどう伝えればいいのか――。刻一刻と新型コロナウイルスで社会の状況が変わっていく日々、内容が社会情勢とかけ離れるおそれもあるところで、どうCMが制作されたのか、担当したJR東海 東京広報室の安田吉孝さんと辻原みなみさんに話を聞きました。

※ ※ ※

Large 200802 n700s 01

拡大画像

N700SテレビCMのワンシーン(画像:JR東海)。

―CMはいつから制作が始まったのでしょうか?

安田「本格的には2020年1月からです。世間はコロナではなくオリンピックで、現在とはまったく違う状況でした」

―CMの内容が、新型コロナウイルスの影響を受け始めたのはいつからでしょうか?

安田「3月頃から、いろいろ変わりました。状況が1週間どころか1日2日で変わっていくなか、世の中に最も合うものを出したいという思いで進めてきました。誤ったメッセージを伝えてはいけませんので、途中でだいぶ軌道修正しました」

辻原「元々、ご旅行や出張などで利用されるお客さまに寄り添った形でCMをつくろうと考えていたのですが、状況が変わるなか、どうしたら状況に合った形でお客さまと東海道新幹線の関係を描けるか、『う~ん……』と考え、形を変えていきました」

テーマ特集「新型新幹線「N700S」ついにデビュー! その乗り心地やいかに? 確実に乗る方法は?」へ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 客に寄り添った?何処の客なんだ?
    今の配車からして、のぞみが停車しない駅の利用者にはひかりも点さず、こだますら返らず、のぞみは絶望的状況なのだが
    リニア工事延期の嫌がらせならドン!と来いや!

  2. 新幹線のCMなのに女の子の入浴シーンで笑いましたw
    JKも目立つし若い女の子が大好きなのはわかるけど、新幹線のCM位はもう少し老若男女使って欲しいです。