コロナ禍中の登場 どう伝えれば… 新型新幹線N700S 軌道修正くり返したCM誕生の背景

新型コロナでN700SのCM どのくらい変わったのか?

―CMの内容は、コロナ以前と大きく変わったのでしょうか?

辻原「いきなりグルッと変えたことはありません。荒削りのCM構想を時流に合わせ固める形で制作しており、元々の構想は変わっていないためです。CMでは『誰かに会いたいと思ったとき、どこかに行きたいと思ったとき、東海道新幹線は皆様の思いを乗せて走ります』というメッセージを伝えたいと考えていまして、コロナではそのメッセージは同じのまま、伝え方が変わった具合です」

安田「CMは、お客さまに新型車両N700Sの良さをお伝えしつつ、お客さまがワクワクして明日にでもN700Sに、新しくなった東海道新幹線に乗りに行きたい、と思っていただけるような形を考えていましたが、『明日にでも』という状況ではなくなってきました。そこで、CMでN700Sを知っていただきつつ、将来に思いをはせていただければと考え、第1弾も第2弾も軌道修正しています」

Large 200802 n700s 02

拡大画像

N700SテレビCMのワンシーン(画像:JR東海)。

―N700Sがデビューした7月1日公開のCM第1弾において、登場する人々は新幹線に乗らず、「ステイホーム」ですが、その人々が「誰かに会いたい」「どこかに行きたい」と思って、それができるようになったとき、その思いを実現するために、東海道新幹線はいまも走り続ける、という形になっていますね。

辻原「そうしたシーンを想定していなかった、というのが、当初の案に近いかもしれません」

―N700Sデビューと同時に公開された第1弾のCMは、いつ完成したのでしょうか?

安田「6月です。撮影はそれ以前に行っています。撮影では、いろいろなパターンに合わせられるよう、いろいろなシーンを撮っておきました。ちなみに映像は、CM上の演出はありますが、舞い散るレンゲの花びら以外はCGではなく、すべて実際に撮影したものです」

テーマ特集「新型新幹線「N700S」ついにデビュー! その乗り心地やいかに? 確実に乗る方法は?」へ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 客に寄り添った?何処の客なんだ?
    今の配車からして、のぞみが停車しない駅の利用者にはひかりも点さず、こだますら返らず、のぞみは絶望的状況なのだが
    リニア工事延期の嫌がらせならドン!と来いや!

  2. 新幹線のCMなのに女の子の入浴シーンで笑いましたw
    JKも目立つし若い女の子が大好きなのはわかるけど、新幹線のCM位はもう少し老若男女使って欲しいです。