「パイロットがCAとして搭乗」日本ではアリなのか? 海外で実施寸前のケースも…

海外では、所属するCAを全員解雇し、新しいCAを雇うまでパイロットが急造でCA業務をするとした航空会社がありました。日本ではその可能性はあるでしょうか。CAに国家資格はありませんが、国交省や現役CAに聞くと非現実的なようです。

新型コロナの影響もあった急造「パイロットCA」の話

 現地時間2020年7月17日、アイスランド航空が労使交渉の結果、同社に所属するCA(客室乗務員)を近日のうちに全員解雇し、早ければ20日から新しいCAを雇うまでのあいだ、パイロットが一時的にCA業務を実施する方針であると発表しました。

 最終的には予定前日の19日、先述したCAの全員解雇を撤回。交渉にひとまずの決着がついたためとしています。

Large 200806 cap 01

拡大画像

羽田空港のJAL機とANA機(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 アイスランド航空によると、従来の複雑な機内サービスが新型コロナウイルスの影響で大きく制限されていることから、パイロットがほとんどトレーニングせずとも客室サービスを提供できる、とのこと。

 海外ではこのように急ごしらえの「パイロットCA」が誕生一歩寸前までいきましたが、日本では今後このようなことが起き得るのでしょうか。

 実は日本では、CAを務めるにあたり、「国家資格」といったものはありません。とはいえ、結論から言ってしまうと「現実的ではない」のが実際のところのようです。

塗装もハデ! 日本では珍しいB757使用のアイスランド航空

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント