「ジャンボ」=B747…とも限らない!? 存在する「ジャンボジェット航空」 使用機材は…

「ジャンボジェット」といえばボーイング747型機、というのは広く知れ渡っていますが、必ずしも747型機というわけではなくなっているようです。その「ジャンボジェット」と同姓同名の航空会社、地域性が背景の異色なポイントもありました。

スペルは異なるもうひとつの「ジャンボジェット」

 アメリカの航空機メーカー、ボーイングが2020年7月に「ジャンボジェット」の愛称をもつ747型機の生産を、2022年で生終了すると発表しました。1970(昭和45)年に初期モデルが就航して以来、半世紀にわたる歴史に幕が下ります。

 747型機の愛称である「ジャンボジェット」は、日本だけでなく世界でその二つ名として親しまれてきました。ところがこの呼び名、実は近年になって、747型機のみを指すだけではなくなっているようです。

Large 200813 jumbo 01
「ジャンボジェット」航空の飛行機(画像:bandabarn[CC BY〈https://bit.ly/2DNShTI〉])。

 2014(平成27)年、アフリカ ケニア航空の完全子会社として、ひとつのLCC(格安航空会社)が同国にデビューしました。ナイロビのジョモ・ケニヤッタ国際空港を拠点とする「ジャンボジェット(Jambojet)」航空です。

 この「ジャンボ(Jambo)」はケニアの母語、スワヒリ語の挨拶に由来します。日本語でいえば「こんにちは航空」となるでしょう。一方747型機の「ジャンボジェット」は「Jumbo Jet」なので、スペルが異なります。

 ただし、747型機の「ジャンボ」も元をたどれば、アメリカに輸入された巨大なゾウの名前が由来とされ、この名前が一説ではスワヒリ語の挨拶からつけられたともいわれていることから、起源をたどれば関係性があるとも言えなくはないでしょう。

もうひとつの「ジャンボジェット」新旧機材をざっと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 「こんにちは航空」
    ってことはアロハ・エアと仲間