「撮り鉄」ポスターに!? 新型新幹線「N700S」ポスターの秘密 富士山&N700Sはやめよう

JR東海が13年ぶりに送り出した新型新幹線「N700S」。そのポスターについて、なぜ第1弾は絵なのか、カメラを持っている人は何を撮っているのかなど、制作の裏話などをJR東海に聞きました。

「富士山の前をN700S」はやめよう

 東海道・山陽新幹線で、2020年7月1日(水)にデビューした新型車両「N700S」。あわせて、その登場を伝える広告展開が行われました。

 ポスターは、第1弾も第2弾もN700Sと人々が描かれていますが、第1弾だと人々がスケッチ調になっています。

Large 200814 n700s 01

拡大画像

デビュー初日のN700S(2020年7月1日、恵 知仁撮影)。

 JR東海によると、第1弾第2弾ともN700Sをメインにしつつ、東海道新幹線に関ったり利用したりする人たちの思いを表現しているそうですが、6月27日から掲出されたスケッチ調の第1弾は「将来を思い描いている様子」、8月1日から掲出された第2弾は「将来それが実現した様子」を表しているそうです。どこかに行きたくても、誰かに会いたくても、それがしにくい新型コロナウイルスの状況。それに関係する形になっています。

 ちなみに、コロナとは関係なく最初から、富士山の前をN700Sが走っているみたいのはやめよう、これまでにないものにしよう、という方向性だったそうです。

テーマ特集「新型新幹線「N700S」ついにデビュー! その乗り心地やいかに? 確実に乗る方法は?」へ

【画像】つながってる「N700Sデビューポスター」第1弾と第2弾を見比べてみる

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. リニアになったら実物の列車を撮影しての広告はさらに難しくなるから、まず先に富士山から離れておくのかな?

  2. 単なる過剰広告のガス抜きだろが。

  3. マスコミとプータロー向けのイベント列車
    大半がのぞみの充当で平然とランダムな運用とか?JR東海もマスコミとプータロー並なおつむなのかな?