茨城空港 なぜロケ地に選ばれる? 『半沢直樹』で伊勢志摩空港に変身 『ガキ使』も

テレビドラマ『半沢直樹』で、架空の空港「伊勢志摩空港」に扮した茨城空港。実はこれ以外にも『ガキ使』などでロケに使われるなど、撮影の舞台になることが多いそうです。今回の撮影の様子やロケが入る頻度、なぜ選ばれるのかを聞きました。

伊勢志摩空港に「超スピード」で変身

 2020年8月16日(日)にTBS系列で放映されたテレビドラマ『半沢直樹』で、三重県にあるという架空の空港「伊勢志摩空港」が登場。Twitterでも「伊勢志摩空港」がトレンド入りするなど、ネットを中心に大きな話題となりました。

Large 200821 dogeza 01
茨城空港(画像:写真AC)。

 この「伊勢志摩空港」として撮影が行われたのは、茨城空港です。

 茨城空港によると、今回の『半沢直樹』の撮影は、昼間に便と便の合間を縫って、1時間半から2時間程度で実施されたとのこと。垂れ幕などの多くのセット類は撮影のために実際に付け替えられたもので、本来の茨城空港から「伊勢志摩空港」への変身に掛かった準備時間は1時間程度と「非常にスムーズだった」そうです。

 そしてこの茨城空港、『半沢直樹』以外にもドラマやバラエティのロケ地として選ばれることが多い所です。どれくらいの頻度で撮影が行われ、そしてなぜ選ばれるのでしょう。

茨城空港の位置と館内をさっと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. まぁ茨城空港離れると次は福島か静岡、新潟だもんね。新潟はそれなりに便数多いし。特に短時間しか出てこない場面の撮影だと関東圏(もしくはドラマだと京都)離れるわけにもいかないし。