インディ500で佐藤琢磨と戦った米空軍 その真意は? 自動車レースのスポンサーにつくワケ

アメリカではF-1(フォーミュラ1)に勝るとも劣らない人気を誇るという自動車レース「インディ500」。出場車両のなかにアメリカ空軍のマークを付けた車両があります。なぜレースにアメリカ空軍が参加しているのでしょうか。

空を飛ばずにサーキットを疾走 米軍標識を付けたレーシングマシーン

 世界3大レースのひとつにも挙げられるアメリカの「インディアナポリス500マイルレース」(以下インディ500)において、2020年8月23日(日)、佐藤琢磨選手が2017年以来、3年ぶり2度目の優勝を果たしました。彼はインディ500において史上20番目の複数回優勝者となり、その快挙は日本でも話題になりました。

 インディ500は1911(明治44)年に初開催され、100年以上の歴史を有するモータースポーツですが、2020年の今季、アメリカ空軍も車両2台で参戦していたのです。

Large 200827 indy500 01

拡大画像

ピット作業で第47号車のタイヤ交換をするメカニック。彼らが被るヘルメットもオレンジ色の国籍マーク入り(画像:エド・カーペンター・レーシング)。

 世界最強の空軍と形容されるアメリカ空軍とはいえ、自動車レースの世界でも無敵というわけではありません。そのため、アメリカ空軍は強豪チーム「エド・カーペンター・レーシング」とタッグを組みました。

 このチームは、2013年、2014年、2018年の3度にわたりインディ500においてポールポジションを取ってきたエド・カーペンター選手が率いています。アメリカ空軍はこのチームが所有する第20号車と第47号車、2台のスポンサーとなり、彼とチームメイトであるコナー・デイリー選手が乗り込む形で、2020年のシーズン開幕当初から参戦したのです。

【写真】レーシングカーのオレンジの由来 X-1

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. その昔、某グランプリの鷹でF1を超えるフォーミュラ0をアメリカが主催、ソ連も参戦!!
    カギは宇宙開発!!
    なんてストーリーがあったのを思い出した。
    これはそこまで剣呑な話でなく、よかった。