台風10号接近で神戸と徳島を結ぶ神淡鳴道 大鳴門橋 あす7日通行止めの可能性

台風10号の影響は近畿圏に及ぶかもしれません。

 本四高速(本州四国連絡高速道路株式会社)は2020年9月6日(日)、大型で非常に強い台風10号の接近にともない、翌9月7日(月)に本四高速道路で通行止めが発生する可能性があると発表しました。

Large 200906 naruto 01
本州と淡路島を結ぶ神戸淡路鳴門道の明石海峡大橋。吊り橋の規模を表す中央支間長(塔と塔の距離)で世界一(画像:写真AC)。

 通行止めの可能性がある区間は、兵庫県神戸市と淡路島、徳島県鳴門市を結ぶ神淡鳴道(神戸淡路鳴門自動車道)の南側、鳴門海峡部にかかる大鳴門橋の前後区間です。

 本四高速の発表では、9月7日(月)午前7時ごろから洲本IC~鳴門IC間の上下線で通行止めを開始する可能性が高いとしています。

【了】

【写真】台風10号で通行止めになりそうな本四高速区間

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント