都市高速で「渋滞日本一」、阪神高速3号神戸線はなぜ混むのか 淡路島からノロノロも

全国6都市圏にある都市高速道路のうち、随一の渋滞区間となっているのが阪神高速3号神戸線です。線内が恒常的に渋滞しているほか、GWなどには、淡路島から混雑が続くこともあります。なぜ混むのでしょうか。

都市高速の「渋滞ランキング」でワースト

 東京圏の首都高速など、全国6都市圏にある都市高速道路のうち、最も渋滞する区間が、阪神高速3号神戸線のおもに神戸市内の区間です。

Large 180413 kobesen 01
神戸市街地を東西に貫く阪神高速3号神戸線(左の高架道路)。柳原~京橋間(画像:photolibrary)。

 3号神戸線は、1号環状線に接続する阿波座JCT(大阪市西区)から、神戸市須磨区の月見山出入口付近に至る約40kmの路線で、その先は第二神明道路(NEXCO西日本が管理)に直結しています。第二神明道路は明石方面に通じているほか、途中で分岐する阪神高速5号湾岸線(名谷JCT~垂水JCT)が神戸淡路鳴門道(本四高速が管理)に接続しており、「阪神高速3号神戸線・第二神明道路・阪神高速5号湾岸線・神戸淡路鳴門道」という経路が、大阪・神戸と淡路島・徳島方面を結ぶメインルートとなっています。

 国土交通省が毎年発表している「渋滞ランキング」2016年版によると、都市高速では阪神高速3号神戸線「西宮JCT~第二神明接続部」24.9kmが下り、上りともにワースト1位と2位にランクイン。阪神高速道路によると、2018年ゴールデンウィークも、下り線は第二神明道路の名谷IC付近から最大35km、上り線は深江ランプ(神戸市東灘区)付近から最大25kmの渋滞が予測されています。なぜこれほど混むのか、阪神高速道路に話を聞きました。

――3号神戸線の下りは、どのような原因で渋滞するのでしょうか?

 GWなどの多客期においては、第二神明道路や、その先の神戸淡路鳴門道 垂水JCT付近で交通流が悪くなり、その車列が神戸線の西宮JCT付近まで延びてきます。平時においては、特に摩耶ランプ(神戸市灘区)からの流入車両が多く(編集部注:摩耶ランプは並行する5号湾岸線 住吉浜ランプとの乗り継ぎ対象ランプとなっている)、生田川~摩耶間を先頭に渋滞が発生しがちです。

――上りはどのような原因で渋滞するのでしょうか?

 深江ランプ付近の「サグ」(下り坂から上り坂に変わる箇所)が原因で、車速が落ちてしまうことです。上り線では、ここを先頭に渋滞が恒常的に発生しているほか、やはりGWなど多客期には、さらに第二神明道路・神戸淡路鳴門道へと車列が伸び、淡路島からずっと混雑することがあります。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180413 kobesen 03
  • Thumbnail 180413 kobesen 01
  • Thumbnail 180413 kobesen 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 5号湾岸線、六アイ以西、とうとう着工したのか。でもいつになるのやら。。。
    一方新名神が高槻~神戸JCTがつながったことで、敬遠していた中国道の利用も積極的に使えそうだし、そうなるとこちらの利用の方が明石海峡大橋までのアクセスは早いのかもしれない。

  2. 写真の右にあるウミエの駐車場ぐるぐる回って楽しい。屋上も景色が良くて気持ちいい。

  3. これでも北摂は東海より事故が多い訳か

  4. 2車線から、1車線に、減ったら、渋滞するのは、当たり前です。
    その前が、3車線では、最初から、考えて無いのは、明らかです。
    四国から、淡路島に入って、渋滞が、続き、明石海峡大橋を、渡るのに、時間が、読めないし、迂回しても、中国道自体、渋滞しているから、迂回しても、余り変わらない。
    阪神高速神戸線も、渋滞しているから、時間が、読めない。
    神戸湾岸線を、伸ばして、選択肢を、増やせば良い。
    関東圏の道路ばかりで、地方の道路が、おざなりです。