関西の無料「ハイスペック一般道」5選 「緑標識なのに無料」な名阪の大動脈も

全国には高速道路のように高規格な、無料の一般道があります。関西には、かつての有料道路が無料化され、一般道のバイパスとして機能している例も少なくありません。

半世紀前から無料 名阪の大動脈「名阪国道」

 無料の一般道でも、有料道路のように緑の案内標識が使われ、なかには最高速度も60km/h以上という道路があります。今回は、そのようなハイスペックな関西の一般道を5つ紹介します。

Large 191010 bpkansai 01
国道2号「加古川バイパス」と「姫路バイパス」の境目に位置する高砂北ランプ(画像:PIXTA)。

名阪国道(国道25号)

・区間:三重県亀山市~奈良県天理市(73.2km)
・最高速度:70km/h(一部区間)

 名阪国道は三重県と奈良県の山間部を貫く国道25号のバイパスです。三重県側で東名阪道、奈良県側では西名阪道に接続して名古屋~大阪間の大動脈を構成しており、案内標識も緑色のものが使われていますが、東名阪道と西名阪道がNEXCO管理の有料道路であるのに対し、その中間にあたる名阪国道は1965(昭和40)年の開通以来、無料です。このため名阪間は、名神高速や新名神高速経由と比べて、この東名阪道~名阪国道~西名阪道ルートが最も安く移動できます。

 2012(平成24)年からは、一部区間で最高速度が60km/hから70km/hに順次引き上げられました。これには、規制速度を実態に合わせる形で、事故を減らす目的があります。というのも、名阪国道は急カーブや急勾配が連続することなどから、全国の高速道路および自動車専用道路のなかでも「死亡事故率ワースト」とされ、警察や道路管理者が注意を呼び掛けており、カーブ区間における滑り止め舗装などの事故防止対策も進んでいます。

【地図】記事中で紹介した高規格一般道のルート

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191010 bpkansai 04
  • Thumbnail 191010 bpkansai 05
  • Thumbnail 191010 bpkansai 06
  • Thumbnail 191010 bpkansai 07
  • Thumbnail 191010 bpkansai 08
  • Thumbnail 191010 bpkansai 01
  • Thumbnail 191010 bpkansai 03
  • Thumbnail 191010 bpkansai 02

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 名阪本当に有り難い!高速道路を使わずとも名阪国道のおかげで関東から大阪まで早くて八時間程度(夜中に 乗用車で休憩1回)で走れるし燃費も米原経由や甲南経由より延びるし自分のガス食いメルセデスでも岡山の倉敷までは無給油で行けるし、さすがに当然に物流トラックも多いけど不安なのは自分の車が伊賀の名阪でエンコしても付属サービスの無料レッカーが来るのか?手配のホテルもあるのか不安だけど本当に有り難い国道ですね。

    • 表定70km/h超…
      くれぐれも安全運転でお願いします。

    • あ~確かにね、天理で一度覆面にパクられましたよw、奈良に高い置き土産してきましたよ。
      しかしながら乗ってる車種で煽ってくるのが居ないのは楽しいですよ。
      まあーアタシも覆面の庶民ですがねw

  2. いや、ハイスペックなのに無料、じゃなくて無料が当たり前なのです。
    全ての道路は建築費用の償還が終わったら無料にするべき物なのだから。
    本来、高速道路も償還が終わっている路線は無料にしなくちゃいけないのに。

    • 御意!横浜新道や第三も何気に聞き流した今の料金も割引時限措置だとか?
      同じ1号で静岡バイパスは夜間割りを経て無料になりましたが新道はドル箱感覚なのでしょうかね?
      こーいう竜宮城気分の役所感覚の連中は早く玉手箱を開封して逝く一歩手前のジジィ~の現実に返り咲いてほしいですね

    • 当該道路のメンテナンスや改良のための受益者負担として料金収受続けるのならわかるんですが、いかんせん新規路線建設目当てですからね…💦
      しまいには新直轄とかいって田舎の閑散高規格路線を通行料無料で造る始末ですし。

  3. 一般道?
    自動車専用道路ばっかじゃねーか

  4. >無料の一般道でも、有料道路のように緑の案内標識が使われ...

    この筆者は何か誤解してないだろうか?
    緑色の案内標識は道交法における高速道路(高速自動車国道・自動車専用道路)を表すものである。有料か無料かは関係がない。青色標識の有料道路(自転車などが通れる)もある。
    道路についての記事を書くなら、免許を取る際に覚える程度のことは把握してから書いてもらいたい。今なら、調べるのも容易なはずだ。