台風10号接近 九州道や宮崎道、東九州道などで通行止め開始の可能性高まる

今後、台風10号の接近で通行止めを実施する箇所が増えるかもしれません。

 NEXCO西日本(西日本高速道路株式会社)は2020年9月6日(日)昼12時、大型で非常に強い台風10号の接近にともない、九州を走る高速道路の一部区間において大雨などにより、これより18時までのあいだに通行止めを開始する可能性があると発表しました。

Large 200906 kyusyuroad 01
九州道の球磨川第一橋。7月4日撮影(画像:国土地理院)。

 NEXCO西日本の予測では、6日18時までに通行止めが開始される可能性がある区間は以下のとおりです。
・九州道のえびのIC~栗野IC
・宮崎道のえびのJCT~宮崎ICの全線
・東九州道の延岡南IC~清武南IC
・東九州道の末吉財部IC~国分IC

これ以外の区間においても通行止めの可能性を発表しており、場所によっては開始の時間が前倒しになるかもしれません。

【了】

【地図】NEXCO西日本管内で通行止めの可能性がある高速道路箇所

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント