デルタ航空が成田に帰ってくる!? 5機の「使用前整備」を成田で実施へ 定期便は撤退も

A350型機2機とA330neo型機3機がやってきます。

 アメリカのデルタ航空は2020年9月9日(水)、成田空港の整備地区にあるテクニカル・オペレーション・センターで、エアバスA350-900型機とエアバスA330-900neo型機の「使用前整備」を実施すると発表しました。

Large 200909 dl 01

拡大画像

成田空港のエアバスA330neo型機。現在は羽田に移管し、成田からの旅客定期便は撤退している(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 対象となるのは、A350-900型機2機と、A330-900neo型機3機の計5機。9月中旬と12月初旬にフランスのトゥールーズにあるエアバス社から成田空港に到着し、デルタ航空の整備部門であるデルタ・テックオプスが、年末にかけてWi-Fiシステムのインストールなど使用前整備を行います。成田で整備完了したあとは、ボーイング777型機の後継機として、ロサンゼルス~シドニー線などの太平洋横断路線に使われる予定です。

 デルタ航空の成田テクニカル・オペレーションセンターは、広さ1万3000平方メートルの格納庫施設で、2014年12月にオープンしました。成田のテックオプスでは、自社機の整備のほか他社にもメンテナンス、リペア、オーバーホールなど「MRO(航空機整備)」サービスを提供しているとのこと。なお、デルタ航空の東京発着定期便は、2020年3月をもって成田空港を撤退し、羽田空港に移管しています。

【了】

成田テクニカル・オペレーションセンターのデルタ航空A350型機

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント