船の天国~♪ 沖縄・那覇港で大小さまざま撮影三昧 EOS R5&新レンズで高速艇から狙ってみた〈PR〉

離島県である沖縄は大小さまざまな船が活躍しています。なかでも船が集まる那覇港と船上から、青空&エメラルドグリーンの海面をバックに航行するカラフルな船の数々を「EOS R5」+「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」で追いました。

見ているだけでも楽しい沖縄の船

 大小160の島々からなる沖縄県は、島どうしの人や物資の行き来に飛行機や船が欠かせません。とくに重量物や自動車などを運べる船は、沖縄の経済活動にとって重要な存在。そのため、沖縄本島の那覇港には県の内外を結ぶ様々な航路が設けられており、バラエティに富んだ数々の船を見ることができます。

Large 211206 canonpr 01

拡大画像

那覇・泊ふ頭~本部町・渡久地港の間を1時間15分で結ぶ高速船「ジンベエ・マリン(タクマ3)」。双胴船型で、船体に大きく「ジンベエザメ」を描いているのが特徴(2021年11月、柘植優介撮影)。

 東京や横浜などでは見られない特色ある船たちを今回、発売されたばかりの最新レンズで撮影してみました。

Large 211206 canonpr 02

拡大画像

本部町・渡久地港の様子(2021年11月、柘植優介撮影)。

 用意したカメラは、キヤノンのミラーレスカメラ「EOS R5」。コントラストが強く、彩度(色の濃さ)や色相(色合い)がその都度変化する海でも、有効画素数約4500万画素という圧倒的な解像度を備えているこのカメラであれば繊細に写しとることができます。

Large 211206 canonpr 03

拡大画像

「EOS R5」に「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」を装着した様子(2021年12月、柘植優介撮影)。

 加えて高速・高精度なAF、最高約20コマ/秒の高速連写(電子シャッター使用時)、最高8.0段の手ブレ補正(使用レンズによる)などにより、大きく揺れる船上からでも狙った被写体を逃すことなく写真に収めることができます。

Large 211206 canonpr 04

拡大画像

「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」とペットボトル(500㏄)の比較写真(2021年12月、柘植優介撮影)。

 そして今回、「EOS R5」に組み合わせたレンズは、キヤノン「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」。このレンズは大きさφ79.5×164.7mm、質量635gで、サイズとしては500mlのペットボトルとほぼ同じ大きさです。

Large 211206 canonpr 05

拡大画像

那覇・泊ふ頭に停泊していた貨客船「だいとう」。その名のとおり大東諸島と沖縄本島とを結ぶ定期船(2021年11月、柘植優介撮影)。

 県外から沖縄への移動手段は飛行機が一般的になっていますが、その場合、荷物を規定重量以内に収める必要が出てきます。持ち込み荷物が航空会社の規定重量をオーバーすると超過料金を取られることが多いため、できることなら軽くてかさばらない機材を選びたいところ。その点で「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」は軽量コンパクトさと、ズーム機能が高次元でバランスがとれたレンズです。

Large 211206 canonpr 06

拡大画像

朝9時ごろの那覇・泊ふ頭の様子。左側で出港のために回頭中なのは久米島とを結ぶ「フェリー琉球」(2021年11月、柘植優介撮影)。

 これらコンパクトかつ高性能な機材の実力を試してみたい! そこで船に乗って、海上からの風景や、すれ違うほかの船なども撮ってみることにしました。

「ジンベエザメ」が特徴 沖縄屈指の快速船

 選んだのは、那覇港の泊ふ頭を発着する第一マリンサービスの高速船「タクマ3」。船体に大きなジンベエザメのイラストを描いているのが特徴で、そこから「ジンベエ・マリン」という愛称でも呼ばれています。

Large 211206 canonpr 07

拡大画像

「ジンベエ・マリン」から撮ったRKK(琉球海運)の「かりゆし」(奥)と沖縄税関の大型監視艇「しまかぜ」(2021年11月、柘植優介撮影)。

「ジンベエ・マリン」最大の特徴は、その快速性。巡航速度30ノット(約56km/h)を発揮するため、泊ふ頭(那覇)と沖縄本島北部にある渡久地港(本部町)とを75分で結びます。両者のあいだは直線距離で約60km、クルマやバスを利用した場合は迂回するため80km以上あります。

Large 211206 canonpr 08

拡大画像

那覇港の港口付近に停泊していた海上保安庁のヘリコプター搭載大型巡視船「おきなわ」(2021年11月、柘植優介撮影)。
Large 211206 canonpr 09

拡大画像

沖縄本島の沿岸部を航行する「ジンベエ・マリン」と並走していた個人所有のプレジャーボート(2021年11月、柘植優介撮影)。

「ジンベエ・マリン」の第1便は那覇9時30分発、本部10時45分着。これに間に合うよう朝方泊ふ頭へ行ってみると、県内各地の離島に向かう各種フェリーがあわただしく出港準備を行っている最中でした。

Large 211206 canonpr 010

拡大画像

「ジンベエ・マリン」から撮ったパラセイリングする観光客(2021年11月、柘植優介撮影)。

 泊ふ頭はコの字形をしており、すべての岸壁に大小さまざまな船が泊まっています。それらがクレーンやフォークリフトなどで次々と貨物を積み込んでいく様は、乗りもの好きとして見ていて楽しいものでした。

Large 211206 canonpr 011

拡大画像

沖縄本島の沖合で作業中の浚渫(しゅんせつ)船(2021年11月、柘植優介撮影)。

 お目当ての「ジンベエ・マリン」に乗り込み、いざ出発。とはいえ、この船は沖縄本島の南北を結んでいるため、外洋に出ることはなく、終始陸地を横目に見ながらの航海です。しかしながら、すれ違う船もバラエティ豊かで、漁船やクルーザー、クレーン船、さらにはパラセイリングを楽しむ観光客まで。これらを撮影していたら、あっという間に渡久地港に到着しました。

Large 211206 canonpr 012

拡大画像

部町渡久地港の様子。中央に見えるのが「ジンベエ・マリン」(2021年11月、柘植優介撮影)。

 30ノット(約56km/h)で洋上を疾走する「ジンベエ・マリン」から行き交う船や景色を撮っていて実感したのが、手ブレ補正のスゴさです。船は横揺れ(ローリング)だけでなく前後の揺れ(ピッチング)、上下の揺れ(ヒービング)、さらには左右に振れるように揺れる動き(ヨーイング)まであり、これらが不規則かつ複合的に発生するため、船上から写真を撮るのは、なかなか難しいもの。特に望遠レンズの場合は、手先のちょっとした動きでも画角が大きく変わるため、遠方の被写体をブレなく思い描いたように撮影するのは難儀します。

Large 211206 canonpr 013

拡大画像

那覇港沖合で浚渫作業に従事していたクレーン船(2021年11月、柘植優介撮影)。

 しかし、キヤノンの「EOS R5」は最高8.0段の手ブレ補正を備えています。しかも純正レンズである「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」であれば、その強力な手ブレ補正の効果を最大限発揮できるため、狙った画をキレイに切り取ることができました。

Large 211206 canonpr 014

拡大画像

本部町渡久地港の様子(2021年11月、柘植優介撮影)。

 渡久地港は、那覇・泊ふ頭とは打って変わってのどかな雰囲気です。大型船などはなく、漁船が数多く停泊する港であることから、那覇港とは趣が大きく異なります。

Large 211206 canonpr 015

拡大画像

「ジンベエ・マリン」から見た那覇空港。船上からなら沖合から飛行機を撮ることも可能(2021年11月、柘植優介撮影)。

 ちなみに、ここ渡久地港には沖縄本島で唯一となった鰹節工場があります。今回は船旅を満喫するために訪問することなく終わりましたが、機会があったら是非行ってみたくなりました。

Large 211206 canonpr 016

拡大画像

「ジンベエ・マリン」から見た那覇空港。「EOS R5」+「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」による強力な手ブレ補正によって、揺れる船上でも思い描いた写真を撮ることが可能(2021年11月、柘植優介撮影)。

 なお、今回利用した「ジンベエ・マリン」はサイクルスタンドも6台分用意されており、自転車とともに乗船することもできます。そのため、自慢の“愛車”や電動アシスト自転車などを持ち込んで、本島北部のツーリングやサイクリングなどに活用すると面白いかもしれません。

●さらに詳しいキヤノン「EOS R5」の情報はこちら

●さらに詳しいキヤノン「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」の情報はこちら

こちらの動画はキヤノン「EOS R6」で撮影しました。

※各写真は掲載にあたって、8192px×5464px(約4500万画素)で撮影したものを、2400px×1600pxに縮小しています。また一部写真はトリミング加工も施しています。

【了】

船の天国~♪「那覇港」で撮った写真をチェック!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 211206 canonpr 01
  • Thumbnail 211206 canonpr 02
  • Thumbnail 211206 canonpr 03
  • Thumbnail 211206 canonpr 04
  • Thumbnail 211206 canonpr 05
  • Thumbnail 211206 canonpr 06
  • Thumbnail 211206 canonpr 07
  • Thumbnail 211206 canonpr 08
  • Thumbnail 211206 canonpr 09
  • Thumbnail 211206 canonpr 010
  • Thumbnail 211206 canonpr 011
  • Thumbnail 211206 canonpr 012
  • Thumbnail 211206 canonpr 013
  • Thumbnail 211206 canonpr 014
  • Thumbnail 211206 canonpr 015
  • Thumbnail 211206 canonpr 016

Writer: 柘植優介(乗りものライター)

子供のころから乗り物全般が好きで、車やバイクはもちろんのこと、鉄道や船、飛行機、はたまたロケットにいたるまですべてを愛す。とうぜんミリタリーも大好き。一時は自転車やランニングシューズにもはまっていた。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」