高速道路の記事一覧

  • 活用されない地方の高速道路 イタリアにあるヒント

    高速道路の開通が相次ぐ年度末。地方では無料の高速道路が誕生する一方、費用対効果が悪く通行量が非常に少ない、「宝の持ち腐れ」になっている高速道路が多く存在しています。どうしてこうなってしまったのでしょうか。またこの問題、どうすべきなのでしょうか。イタリアにそのヒントがありました。

  • 年末年始の渋滞は最長59.5km 圏央道では開通効果も

    国土交通省が、2014年度の年末年始における高速道路・国道の交通状況について発表。全体的には交通量が減っていますが、九州では60km近い渋滞も発生しています。また2014年度に圏央道が延伸したことによって、ポジティブな効果も見られました。

  • 東海道線土砂崩れ 現場は危険な「東海道の親不知」

    台風の影響で、静岡県内の東海道本線で大規模な土砂崩れが発生。その現場は古くから「東海道三大難所」に数えられる危険な場所でした。もしかすると被災したのが東海道本線だけですんだのは、不幸中の幸いだったかもしれません。

  • 渋滞あすピーク 高速バス既に遅延も

    NEXCO各社らが予測したお盆渋滞のピークを明日13日に控え、高速道路は既に混雑。高速バスにも遅延が発生しています。渋滞を極力避けるにはどうしたらよいのでしょうか。

関連記事

最新記事