ホンダ、2021年シーズンをもってF1参戦終了

リソースを「環境」に投入するといいます。

 ホンダは2020年10月2日(金)、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)への参戦を、2021年シーズンをもって終了すると発表しました。17時からのオンライン記者会見で明らかにしました。

 同社はF1に2015年から参戦。航空機エンジン技術の活用などホンダグループの総合力を発揮することで高い競争力を実現してきたといいます。また、「Red Bull Racing(レッドブル・レーシング)」「Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ」とのパートナーシップのもと、2019年シーズンは3勝、2020年シーズンは2勝を挙げています。

 しかし一方で、自動車業界の転換期においてホンダは、最重要課題とする環境への取り組みとして、持続可能な社会を実現するために「2050年カーボンニュートラルの実現」を目指しており、燃料電池車(FCV)やバッテリーEV(BEV)など、将来のパワーユニットやエネルギー領域での研究開発に経営資源を重点的に投入していく必要があるといいます。

Large f1
マックス・フェルスタッペンが駆るレッドブル・ホンダの2020年シーズン用マシン。2020年2月に実施されたバルセロナテストにて(画像:ホンダ)。

 F1で培ったエネルギーマネジメント技術や燃料技術、研究開発の人材をパワーユニット・エネルギー領域に投入し、将来のカーボンニュートラル実現に集中し取り組んでいくために、今回、F1への参戦を終了するという判断をしたということです。

 ホンダは「モータースポーツ活動はホンダのDNAであり、これからも熱い想いを持って、参戦しているカテゴリーでのNo.1を目指し、チャレンジを続けていきます」と説明。八郷隆弘代表取締役社長は「今回の会見は、カーボンニュートラルの実現に向けての新たな決意表明でもある」とコメントしています。

【了】

【写真】本田宗一郎氏とF1向けレースカー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 了様ありがとうございます。長きにスポンサーとして活躍したのに残念であります。