「超デカイビジネスジェット」デビュー!? エアバスが発表の新モデル その全容とは…

これは乗ってみたい……。

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス傘下のエアバスコーポレートジェット(ACJ)は現地時間2020年10月6日(火)、「A220ビジネスジェット(ACJTwoTwenty)」を市場に投入すると発表しました。ACJはこれを、まったく新しい「エクストラ・ラージ・ビズジェット(超大型ビジネスジェット)」としています。

Large 201006 a220 01

拡大画像

エアバス傘下ACJの「A220ビジネスジェット」のイメージ(画像:エアバス)。

 この「A220ビジネスジェット」は、カナダのボンバルディアが開発したのち、業務提携でエアバス機となった旅客機「エアバスA220-100」をベースに、ビジネスジェット仕様にしたモデル。ACJによると、競合するビジネスジェットのモデルとくらべて、同じ空港や駐機場から離陸できる一方で、約3倍の客室スペースを提供できるとのこと。最大18人が搭乗できる仕様で、73平方メートルの面積を持ち、6部屋に分かれるそうです。

 また、このモデルは長い航続距離も強みといいます。最大1万500km、飛行時間であれば12時間以上の航続距離を持ち、ロンドン~ロサンゼルス間や、東京~ドバイ間などを結ぶことができるとのこと。また前世代のモデルとくらべ、騒音や燃料消費量の削減も図られているとしています。

【了】

【超豪華!】「A220ビジネスジェット」の客室イメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント