さらば英BA「ジャンボ」B747 ラスト2機の最終フライトは珍しい「デュアル離陸」予定も…

新旧塗装のBA「ジャンボ」が出揃いました。

 イギリスの航空会社、ブリティッシュエアウェイズが保有する「ジャンボジェット」ことボーイング747型機。最後の2機のラストフライトが現地時間2020年10月8日(木)に実施され、その様子がライブ配信されました。これで、同社のジャンボは全機が退役したことになります。

Large 201008 ba 01

拡大画像

ブリティッシュエアウェイズのボーイング747型機(画像:ブリティッシュエアウェイズ)。

 ラスト2機の機番は「G-CIVB」と「G-CIVY」、ともにボーイング747-400型機です。「G-CIVB」は1994(平成6年)にデビューした機体で、最終旅客便はマイアミ~ロンドン線。現在復刻版の塗装が施されています。「G-CIVY」は1998(平成10)年にデビューし、最終旅客便はシカゴ~ロンドン線でした。また、新型コロナウイルスの影響下、医療品を運ぶ貨物便としても投入されたそうです。

 ブリティッシュエアウェイズは最大で56機のボーイング747型機を保有し、「空の女王」とも呼んでいました。しかし新型コロナウイルスの影響もあり、2020年7月17日に前倒しでの即時全機退役を発表。順次退役が進められているなか、この2機が最後になります。

 当初は、2機がヒースロー空港を離陸時、並行した2本の滑走路から同時に飛び立つという「デュアル離陸」で飛び立つ予定だったものの、気象条件により実施できませんでした。なお、2機のラストフライトの便名は、「G-CIVB」がBA400便、「G-CIVY」がBA747便という「ジャンボ」らしい便名がつけられています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント