「天王洲アイル」って何? 東京近郊カタカナ入り駅名の由来 実は戦略的な横文字採用

高輪ゲートウェイ、虎ノ門ヒルズ……東京近郊にできる最近の駅名は、カタカナ交じりのものが多くなっています。商業施設などに由来するものもあれば、関連する施設名をわざと英語で表したようなものもあります。

高輪ゲートウェイ、天王洲アイル……ちゃんと由来あります!

 2020年3月開業の高輪ゲートウェイ駅(JR山手線)や、6月開業の虎ノ門ヒルズ駅(東京メトロ日比谷線)など、最近になってできた鉄道駅は地名にカタカナを交えたものが増えています。高輪ゲートウェイなどは、公募で「高輪」とする案が最も多かったにもかかわらず、JRが「ゲートウェイ」を付け加えたことも記憶に新しいところです。

 これは、駅周辺の再開発地区名「グローバルゲートウェイ品川」にちなむ文言ですが、類似の例はほかにもあります。

 たとえば天王洲アイル駅(東京モノレール、りんかい線)。30年ほど前にできた駅ですが、これも周辺の再開発地区名に由来します。江戸時代、海中の土砂が堆積してできた州に、漁師の網に牛頭天王の面が流れついたことから「天王洲」、その埋立地を再開発するにあたり「島」を意味する「アイル(Isle)」を組み合わせてこう呼ばれるようになりました。

Large 201022 katakana 01
天王洲アイル駅(画像:写真AC)。

 なお、りんかい線で隣の東京テレポート駅も、臨海副都心の当初の事業愛称「東京テレポートタウン」に由来します。「情報通信基地の機能を備えた都市」という意味合いで付与され、当初はオフィス街となる予定でしたが、結局はアミューズメント施設などが誘致されており、駅名はその名残となっています。

 同じくりんかい線の品川シーサイド駅は、複合施設「品川シーサイドフォレスト」に由来します。特定の施設に由来する点は、虎ノ門ヒルズ駅と同じといえるでしょう。

【地図】セントラルパークがない!? 流山セントラルパーク駅周辺

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. カタカナではないですけど、なぜ伊豆急下田は伊豆下田ではないのかとか、日比谷線の行き先に東武動物公園というのがあったりとか面白いですね。

  2. 伊豆急下田駅が開業した当時、下田駅(現青い森鉄道:東北本線(現青い森鉄道線))、下田駅(現香芝駅:JR和歌山線)、近畿日本下田駅(現近鉄下田駅:近鉄大阪線)と「下田駅」だけで3駅あったし、「伊豆急の下田駅やで」とアピールしたいところもあったんでしょう、知らんけど。
    東武動物公園駅はそりゃあ「東武がやってる動物公園」の最寄駅だからでしょう。反対側には「上野動物公園」があるわけですし。

  3. ヘタに長いと道を聞くときとか困るよね えーっと流山何とかパーク駅ってどこですかってね

  4. さすがな高輪ゲートウェイと天王洲アイルは類似の例じゃないな。
    高輪の場合は、グローバルゲートウェイ「品川」って言ってるじゃん。品川なんだよ。だから地元から反対が起こってんだよ。天王洲の場合、芝浦アイル計画なんか無いからね。