防衛省 次期戦闘機「F-X」の開発で三菱重工と契約を締結

国産戦闘機「F-3」は生まれるのか!?

 防衛省は2020年10月30日(金)、次期戦闘機(F-X)の今年度事業に関して、同日付で三菱重工と契約を締結したことを公表しました。

Large 201030 fx 01

拡大画像

防衛省が発表した次期戦闘機(F-X)のイメージ(画像:防衛省)。

 岸 信夫防衛大臣は、現有の国産戦闘機F-2の退役が始まる2035年ごろまでに初号機を配備できるようにしたいと語っており、防衛省としても、三菱重工とともに開発を着実に進める意向といいます。

【了】

【写真】防衛省が開発したステルス研究機「X-2」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. どうあがいてもF-22や35にまさるものでは無いよね。F-2パイロットが言ってたけど実戦フィードバックのあるアビオニクスやソフトウェアのおかげでF-16には結局勝てないんだと。国民はプライドだけの税金の無駄遣いに気づくべき。