ロシア Tu-160M「ブラックジャック」爆撃機の最新型の初飛行に成功

「ブラックジャック」という響き、それだけで怪しさプンプンです。

 ロシアのユナイテッドエアクラフトコーポレーションは2020年11月3日(水)、新型エンジンを搭載したTu-160M戦略爆撃機の初飛行に成功したと発表しました。

 今回、初飛行したTu-160Mは従来のものと違いエンジンを新型のNK-32-02ターボファンエンジンに換装し、さらに飛行制御システムやアビオニクスなどを更新しているのが特徴です。

Large 201104 tu 160m 01

拡大画像

Tu-160M戦略爆撃機の初飛行の様子(画像:UAC)。

 今回の新型エンジンでの初飛行は、カザン工場の飛行場を使い、高度6000mを約2時間20分飛んだそうです。

【了】

【写真】NATOコード「ブラックジャック」爆撃機の後ろ姿

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント