中国製の最新鋭ジェット旅客機「C919」 江西省でフライトを一般公開

中国はジェット旅客機の開発でも着実に力を付けつつあります。

 COMAC(中国商用飛行機)は2020年11月3日(金)、最新型のC919双発ジェット旅客機がイベントデビューし、デモ飛行を行ったことを発表しました。実施したのは、中国南部の江西省、南昌市で開催された「南昌フライトコンベンション」でのことで、同地でテスト中の機体(AC105)が青空をバックに飛んでいます。

Large 201110 c919 01

拡大画像

COMACが開発中のC919旅客機(画像:COMAC)。

 C919は、エアバスA320シリーズやボーイング737シリーズと同クラスのジェット旅客機で、機内レイアウトは158席から168席、航続距離は4075から5555kmとのこと。初号機は2015(平成27)年11月2日に完成披露し、2017(平成29)年5月5日に初飛行に成功しています。

 COMACによると、C919は2020年11月現在、すでに航空会社28社から合計815機のオーダーを受けているそうです。

【了】

【写真】エアバスの面影あり? テスト中のC919

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 図らずもB737MAX(なぜ新しくする必要があったかね?)の失敗に助けられたとか?パーツが「西側」から入らなくなったらロシアと組んだりしてね?