だから何? 「赤ちゃんが乗ってます」マークの目的は 発祥はアメリカ

リアガラスなどに貼られた「赤ちゃんが乗ってます」などと書かれたステッカーやパネルについて、「だから何?」といった声もあります。もともと、どのような目的で誕生したのでしょうか。

アメリカ発祥のマーク

「赤ちゃんが乗っています」「子供が乗っています」といったマークをリアガラスなどに付けたクルマが見られます。カー用品の定番のひとつであり、数々のパロディ商品が存在することからも、人気の高さがうかがえますが、インターネット上では「だから何?」といった声も少なくありません。

 そもそも、こうしたマークはどのような目的でつくられたのでしょうか。

 マークの発祥は1980年代のアメリカです。1984(昭和59)年、ベビー用品メーカー、セーフティーファースト社が、世界で初めて「BABY ON BOARD!(赤ちゃんが乗っています!)」というマークを発売。類似商品の「CHILD ON BOARD!」マークとともに、2年間で300万枚を売り上げる大ヒットになりました。

Large 201111 baby 01
「赤ちゃんが乗ってます」マーク。

 考案者であるセーフティーファースト社のマイケル・ラーナーさんは、当時の「ニューヨーク・タイムズ」のインタビューでマークを作った目的について、交通事故で赤ちゃんが命を落とすケースが多かったことから、周りのドライバーに注意を促し、子供の安全について意識を高める目的だったと語っています。

「赤ちゃんが乗っています」マークをめぐっては、「考案者が子どもを亡くしたために作った」「事故時にレスキュー隊へ子どもの存在を気づかせる意味がある」といった話もインターネット上で見られます。しかし、当のラーナーさんがこのマークを作ったのは独身時代のこと。インタビューに答えた1980年代当時から、こうした噂が広まっていたようです。

 また、この当時から「Nobody on Board!(誰も乗ってない!)」「Baby Driving!(赤ちゃんが運転しています!)」「Baby Carries No Cash(赤ちゃんは金を持っていない)」といったパロディ商品も横行し、一大ビジネスになっていたことがうかがえます。ラーナーさんはインタビューでこれらの商品に対し「交通安全への努力をあざ笑っている」と不快感を示しています。

【了】

【写真】「BABY IN CAR」は間違い? 海外のマークは……

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 「赤ちゃんが乗ってます。」「犬が乗ってます。」
    それだけ言われても、具体的に何を心がければいいのかわからない…
    「車内で暴れて車がおかしな挙動をするかもしれないから気を付けて」
    っていう解釈でいいのかな。自信がない
    (それにしてもチャイルドシートなりキャリングケースなりに据えておくのは保護者の義務じゃないのかなあ)
    見かけたら距離を取るようにはしています。何されるかわからなくて怖いから。