相鉄15~20分程度終電繰り上げへ 一方で「計画なし」の区間も 2021年春ダイヤ改正

横浜発は15分程度の繰り上げです。

Large 201119 sotetsudia 01
深夜時間帯作業の様子(画像:相模鉄道)。

 相模鉄道は2020年11月19日(木)、夜間の工事時間確保などのため、2021年春のダイヤ改正で終電時刻を繰り上げると発表しました。

 同社は、夜間に行う保守作業やホームドアの設置準備工事などに要する時間の確保、作業員の働き方の見直し、新型コロナウイルス感染拡大を契機とした利用状況の変化などへの対応が課題としており、その解決策の一つとして終電を繰り上げるといいます。

 平日の場合、下りの横浜~二俣川~湘南台間は15分程度、二俣川~海老名間は20分程度それぞれ繰り上がります。上りは、湘南台~二俣川~横浜間で20分程度の繰り上げです。上り海老名~二俣川間やJR直通線(両方向)の繰り上げは計画されていません。

 終電の繰り上げにあたっては混雑にならないよう配慮し、必要に応じて終電前に臨時列車の増発を検討するとしています。なお、始発列車の繰り下げは行われません。ダイヤの詳細は決まり次第告知されます。

 相模鉄道によると、横浜駅の23時以降の乗降客数(自動改札の通過人員)は、コロナ前(1月25日)と比べると直近(11月6日)は6割ほどの水準に減っているといいます。

【了】

【路線図】線区別の終電繰り上げ時間

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント