和歌山市内で連節バス試走へ 「IR誘致に有効」南海と市がBRT共同研究開始

2020年度内に試走の予定です。

Large 201130 wakayama 01
南海バスが関西空港内で運行している連節バス。和歌山市内での試走に用いられる(画像:南海電鉄)。

 南海電鉄は2020年11月30日(月)、和歌山市と共同で新たな交通機関として「BRT(Bus Rapid Transit)」の共同研究を行うと発表しました。

 その一環として、両者は2020年度内に和歌山市内で、車体が2台つながった連節バスを試走し、交差点などの道路改良の必要性や、既存交通への影響などを検討するということです。

 試走ルートはJR和歌山駅や南海和歌山市駅と、南の海南市に近い和歌山マリーナシティとのあいだで検討中。南海バスが関西空港内で運行しているメルセデス・ベンツ製の連節バスが用いられます。

 今回は、南海側が「既存のバスに加えてBRTの導入がIR誘致実現時の交通輸送等の諸課題への対応に有効である」との提案を和歌山市に対して行い、スタートに至ったといいます。基幹的な公共交通軸の構築により、市全体の公共交通の利便性が向上し、観光振興やにぎわいの創出につながる――そのような効果が期待されています。

【了】

【地図】和歌山市街を南北に縦断 連節バス試走ルート

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 市内とその周辺の路線バスがどんどん減便・廃止で縮小されつつある中、この連接バス・BRTの試み。。。あまりに対称的で驚く。和歌山市こそコンパクトシティにふさわしい都市かもしれない。旧市街など中心部の人口を増やすような開発をした上でこういった人口の多い地域と主要施設や市駅・JR駅などとを結ぶわかりやすいバス路線があれば市民にも観光客にも利用されると思う。