新日本海フェリー 新型船「はまゆう」を2021年3月より関西~北海道航路に投入

新たな高速フェリーが日本海航路に就役します。

 新日本海フェリー(大阪市)は2020年12月4日(金)、舞鶴・敦賀~小樽・苫小牧間の航路において、2021年以降「はまゆう」の運航を始めると発表しました。

「はまゆう」は2020年8月7日(金)に三菱重工業長﨑造船所(長崎市)で進水した新造船で、全長222.5m、総トン数は約1万5400トン。航海速力28.3ノット(約52.8km/h)という性能を有しています。

Large 201207 hamayu 01

拡大画像

新日本海フェリーの新造船「はまゆう」のイメージイラスト(画像:新日本海フェリー)。

 車両積載台数はトラック約154台、乗用車約30台。旅客定員は268名で、客室は最上級の「デラックス」、和洋室やペット利用が可能な「ステート」、リーズナブルな「ツーリスト」などを備えています。また個室寝台の「ドライバー室」を始めとして、ドライバー専用の浴室や食堂も設けられています。

 なお新日本海フェリーの運航スケジュール・配船表によると、2021年3月5日(金)の舞鶴発、小樽着便から就航する予定です。

【了】

【写真】2020年8月の進水式での「はまゆう」

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. はまなす、あかしあのドック救援かな?
    第二船就航と同時に横須賀に転配?
    第二船も長崎で見る限りはファンネルも搭載されて形が整ってきたしね。
    但しはまなす型とは上等級の数が違うので予約は電話対応かな?